なぜSEO会社は悪いのか?良いSEO会社を選ぶには

00_PP53_PP_TP_V

SEO対策会社にお金を出して依頼したけれど、結果が出ずにガッカリ……。
どこのSEO対策会社も同じなの? と思っている、サイト運営を任されているあなた。
実はあなたが選んでしまったSEO対策会社は、質の悪い会社だった可能性があります。
今回は悪いSEO対策会社の見分け方などを知っていきましょう。

悪いSEO会社とは

悪いSEOとは「自分のサイトは評価されている」と自作自演をする・内容がなく対策キーワードだけを詰め込んだ意味不明なコンテンツを作成するなどの対策のこと。
これらの対策をしてしまうと、検索エンジンからペナルティを受けてしまう可能性が高くなります。
ペナルティを受ければ検索上位に上がることは難しく、結果的にSEO対策にはなりません。
自作自演・内容のないコンテンツを大量に作成するなどの対策を行うSEO会社は「悪い」と言ってよいでしょう。

昔は悪質なSEO会社がたくさんあった

ではなぜ「自作自演」であるSEO対策が広まったのでしょうか。
自作自演のSEO対策は外部対策と呼ばれます。他のサイトに評価を上げたいサイトのリンクを貼りつけることで、検索エンジンが「このサイトは他のサイトから支持を得ている」と評価してくれていました。
つまりこの外部サイトをたくさん作って、リンクを貼ればそのぶん評価があがり検索も上位にくるという仕組みだったのです。
そのため多くのSEO対策会社が質の低いコンテンツのサイトを量産して、本体サイトの検索順位を上げる手法をとっていました。
現在はコンテンツの質をあげることが重要視されていますが、今でもこの手法をとっているSEO対策会社に出会ったら注意が必要です。

度重なるアップデートで順位変動が激化

ペンギン・パンダアップデートとはGoogle検索アルゴリズムの有名なアップデートのことです。
パンダアップデートは品質の低いコンテンツの順位を下げて、逆に質が高いと判断されたコンテンツを検索上位に持ってくるアップデート。
ペンギンアップデートは質の低いリンクを扱っているページ・そのページからリンクされているページの順位を下げるアップデート。
このふたつのアップデートにより、ユーザーにとって価値がない・閲覧しにくい・アンカーテキストが不自然・過剰にリンクが貼ってあるサイトなどは一気に順位が落ちていきました。
今まで自作自演で作っていた外部リンクの効果が半減したため、質の低いコンテンツは順位が下がり質の良いものは上位にあがるという仕組みへと変化したのです。

多くの会社がSEOから撤退

ペンギン・パンダアップデートにより、ノウハウを持っていないSEO対策会社のほとんどは撤退しました。
SEO対策の大手と言われていた会社の中も、質の高いコンテンツ制作・発信するコンテンツマーケティングなどに事業の中心を移行しています。
そのため現在も事業を続けているSEO対策会社は、Googleアルゴリズムを常に観察して研究を続けていると言えそうです。

成果報酬や月額固定で対策は古い!注目はSEO顧問サービス

SEO顧問サービスとは、クライアントのWEBサイトを解析・最新情報の提供・改善点などをアドバイスするサービスのことです。
社内にSEOに詳しいスタッフがいない・できるだけ社外のSEO対策会社の介入を避けたい場合などアドバイスをくれるSEOの顧問は力強いサポーターになってくれそうです。
常に一歩先を見据えたアドバイスをくれるSEO顧問サービス。SEO顧問サービスを利用することで、ユーザーの求めている情報をベストタイミングで提供できる可能性が高くなりそうです。
SEOコンサルタントと顧問契約をするなら

まとめ

SEO対策会社に依頼をしたけれど効果がなかった……というのは、とても残念な気持ちになりますよね。でもそこで諦めずに、質のよい対策を行ってくれるSEO会社に出会えるように探してみましょう。
SEO顧問などのサービスを利用することも、ぜひ検討してみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする